2008/08/19

RemoteObjectサービスの負荷テスト - BlazeDS

JMeter 2.3.2からAMFのキャプチャが出来るようになりました。

JMeter - Changes
http://jakarta.apache.org/jmeter/changes.html
Improvements
The Proxy server can now record binary requests. By default the content types application/x-amf and application/x-java-serialized-object will be treated as binary and saved in a file. To change the content types, update the property proxy.binary.types .

これでJava + Tomcat + Seasar2 +S2BlazeDS環境のRemoteObjectサービスについて負荷テストができます。
試したところ結構やりづらいですけど・・・。

2 件のコメント:

大介 さんのコメント...

はじめまして。
私もJava + Tomcat + Seasar2 +S2BlazeDS環境で負荷テストを行おうと考えています。
実際、どのようにテストをされたか教えて頂けますか?

shoito さんのコメント...

FxUGのフォーラムにも挙っているようですが、私はJMeterを使って、テストの一連の操作によるAMF通信をキャプチャしました。
そのキャプチャしたデータを使って、スレッド数xxとかパラメーターを指定して、JMeterでテストを流すといった感じです。

しかし、AMF通信のキャプチャしたものには汎用性がなく、環境が変わると使い回せなかったような・・・。